ウーマン

給与計算をアウトソーシングするメリット|収益に繋がる業務に集中

流れを紹介

メンズ

決算前になると、非常に忙しくなります。そのため、決算書の作成を業者に代行してもらう企業も増えてきています。決算書とは、損益計算書と賃借対照表などの書類にことで、株主に企業の1年間の損益や将来の売上を報告する大事な書類のことです。

ここでは、企業が決算申告を業者にアウトソーシングした際の流れを紹介しますので、参考にしてください。最初に行なうことはヒアリングです。このときに必要な書類があります。以前の決算書と賃金台帳、勘定元帳と売上資料を持参して業者の担当者と話し合いを行います。現在の状況を詳しく確認するために必要な資料ですので、忘れずに持参しましょう。次に、決算申告のアウトソーシング方法を決めていきます。ビジネススタイルによって業者が代行して行なったほうが良いのか、スタッフを派遣した方がいいのか決めます。これを決めることで、見積もり書を作成することができます。見積もり書の内容に納得した場合は、そのまま契約してください。もし納得できない場合は、キャンセルすることもできます。キャンセル料金は必要ないので気軽に連絡して見積もり書を作成してもらいましょう。

決算申告をアウトソーシングすることで、滞っていた経理処理が片付きます。経理は専門職なので、誰でもできる仕事ではありません。経理の担当者が退社したり、怪我や病気で出社することができなかったりすると、滞ってしまうケースもあります。このようなときも決算申告をアウトソーシングする業者に相談するといいでしょう。